タイトル

リフォーム成功のカギは断熱にあり!②

, …
リフォーム成功のカギは断熱にあり!②

リフォームを計画するときに考えておきたい大切なことは、家のポテンシャルを高めることです。
・おうち時間の増加配慮した快適性向上
・冬でもアクティブに暮らせる室内環境
・将来を考えたい家の性能や品質
・子どもが勉強に集中できる環境づくり
・光熱費を抑え環境にもやさしい省エネ性
・睡眠の質を高める寝室の温熱環境
・ヒートショックや屋内熱中症への対策
・アレルギーの原因となる結露やカビ対策
これから先の住まいのことを考えてみると、断熱性が決め手となる「快適」「健康」「省エネ」が重要です。

「光熱費」「結露」「寒さ・暑さ」をリフォーム計画時はわすれがちになります。住まいの困りごとアンケート(2015年3月 LIXIL調べ)によると

    リフォーム検討前の人    リフォーム検討段階の人       リフォーム実施後の人
1位  光熱費が高くて不満     浴室の使い勝手や汚れが気になる   光熱費が高すぎて不満
2位  結露やカビ・ダニが心配   トイレの使い勝手や汚れが気になる  結露やカビ・ダニが心配
3位  冬は寒く・夏は暑い     キッチンの使い勝手や汚れが気になる 冬は寒く・夏は暑い
4位  リビングに収納が足りない  結露やカビ・ダニが心配       耐震性が心配
5位  耐震性が心配        光熱費が高くて不満         リビングの収納が足りない
6位  間取りや部屋の大きさに不満 冬は寒く・夏は暑い         キッチンの使い勝手や汚れが気になる

リフォーム前も後も困りごとのトップ3は「光熱費」「結露」「寒さ/暑さ」となっています。ところがリフォーム検討段階になると「浴室」「トイレ」「キッチン」の使い勝手や汚れが上位に。リフォームを計画するときには、後で後悔しないように、断熱改修を優先して行うことをおすすめします。

実感されている、断熱リフォームのメリットのアンケート(2017年リフォーム経験者へのアンケート結果 断熱リフォームのメリットとして感じること(5つまで回答)出典 健康で快適な暮らしのためのリフォーム読本(発行:暮らし創造研究会 監修:東京大学大学院准教授 前 真之)
・冬を暖かく過ごせるようになった  74%
・夏を涼しく過ごせるようになった  46%
・光熱費が下がった         40%
・結露がなくなった         39%
・外からの騒音が気にならなくなった 32%
・カビが生えてこなくなった     18%
・睡眠の質が上がった        14%
・生活範囲が広がった        12%
・子供も親が喜んでくれた      12%
・風邪をひきにくくなった       5%
・高血圧が改善した          2%

断熱性能の向上は快適性はもちろん、健康寿命を伸ばすことやランニングことスト削減にもつながり、年を重ねるごとに大きな価値となります。リフォームでも高性能住宅を実現できるのが、断熱リフォームの魅力です。