タイトル

17年前に家守としての私の思いを綴った「家づくりで失敗する人をなくそう」⑰

17年前に家守としての私の思いを綴った「家づくりで失敗する人をなくそう」⑰

高性能の家に住んでいる方々の声
多くの人たちから寄せられた声をまとまてみました。

①喘息、アレルギー性鼻炎が良くなった
②お部屋もお風呂も掃除が楽に。
③安眠できるようになった。
④居間と同じ暖かさのお風呂やトイレ。
⑤朝、起こりことが楽になった。
⑥家に開放感が生まれた。(吹き抜けやドアを開けたままでも大丈夫だから)
⑦家族が和やかになった。(開放的な使い方ができるので行き来、ふれあいが増した。)
⑧夏、留守の家に帰っても涼しい。
⑨音の反響がある。
⑩足元は温かい。

家の選択で変わる家族の暮らしとあなたの老後

高性能住宅で暮らしているから寄せられた声から、世界保健機関(WHO)の安全・健康・快適・効率の4つの指針を十分に満たしていることがお分かりだと思います。家の性能で家族の暮らしがガラリと変わってしまう、笑顔と後悔の差はあなたの選択にあります。同じ金額の家でも費用にかけ方を誤ると将来の我慢生活の始まりです。家の性能が住む方の人生に大きな影響を与えていくのです。あなたがいい家に暮らしているならば、「我が家」を思う気持ちが育ちます。家を大切にするはずです。いい家を生活の基準ととらえた検討を是非お勧めします。

本を読んでいただいた皆様に

マスコミにより住宅をのトラブルをこれみよがしに流されては、建築主も不安になるのも当然です。本来、家づくりは楽しいものです。いい家を手に入れてもらいたいとの思いから、この本を書きました。あなたとあなたの家族が、ふとした時に幸せを感じられる「我が家」、年月を経て子供たちのために残したいと思える「我が家」、「我が家」を持てる喜び、いい家を手に入れてください。 わかないことがあれば、お気軽にご連絡ください。時間の許す限り相談に応じますから。                                                 平成15年12月