タイトル

性能のモノサシ ライフサイクルコストを考える①

性能のモノサシ ライフサイクルコストを考える①

家を建てる時期
住宅のコストを考えるには、生涯に必要な費用を知る必要があります。リタイアして給与所得がなくなった後は一般的には年金が生活費の基盤となります。もし住宅ローンが残っていると、退職金を使って一括返済するなど、老後資金にまわせるお金が減ってしまうのです。このことを考えると、住宅を建てる時期は、早いほうがいいということが分かります。

du

リタイア後に必要な生活費
ではもう少し踏み込んで、リタイア後に必要な生活費を考えてみましょう。総務省の家計調査によると、夫婦二人に必要な生活費は一か月約27万円、そして年金でもらえる金額は夫婦で月21万円と言われ、年金だけでは生活費をまかなえないことになります。そのために積み立てや貯蓄を行うわけですが、老後の生活費を抑える対策として、住宅にかかるお金を抑えるということです。27万円の中には住宅の性能に左右される光熱費やメンテナンス費も含まれています。だから私たちは極力ランニングコストが少なく暮らすことができる家を提案したいと考えています。