タイトル

性能のモノサシ 地震につよい家②

性能のモノサシ 地震につよい家②

地震に強い建物にするには、耐震・制振・免振の技術があります。耐震は建築基準法で義務づけられており制振・免振は耐震にプラスして考えます。では耐震・制震・免震について説明します。どれも地震に強い家をつくる技術ですが、この三つの違いをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。言葉に惑わされないで、正しい知識を持っていただくために、この違いと、何が必要かを覚えてください。
一番大切なのは「耐震」です。実はこの三つの中で法律で基準があるのは、この「耐震」だけです。耐震というのは、読んで字のとおり、地震に耐えるようにすることです。先ほど説明した、壁の量やバランスは建築基準法で最低限の耐震基準は決まっているのです。
次の「制震」は建物の内部に地震の力を吸収する「制振装置」を組み込んだ建物です。この制振装置で地震の力を吸収し、建物の揺れを抑えようとする建物です。
最後は免震です。これは地盤と建物の間に横揺れを吸収する免震装置を挟み地盤が揺れても、建物に揺れが伝わらないようにするものです。最近ではビルやマンションのような高層建築に使われています。戸建て住宅でもありますが、まだコストが高くあまり普及はしてません。

一般的な筋交い                     モノコック構造

モノコック構造

地震による力を分散するモノコック構造について説明します。これは木造住宅における耐震工法ですが、壁が地震に耐えるように柱の間に筋交いという斜めの材料を入れて壁を強くしていました。これは法律で強度が決まっており、さらに壁を強くするにはたすきがけに筋交いを入れます。弊社ではこの筋交いの代わりにパネルを用いています。法律的な強度は同じですが、筋交いは横から力を受けると、交点に力が集中してしまいますが、パネル工法の場合は、一か所に力が集中せず建物全体に力が分散することで、ひずみやくるいに強さを発揮します。しかし、パネル工法にするからすべてが地震に強いというわけではありません。