タイトル

17年前に家守としての私の思いを綴った「家づくりで失敗する人をなくそう」⑬

, …
17年前に家守としての私の思いを綴った「家づくりで失敗する人をなくそう」⑬

基礎知識7 家を長持ちさせる

建築主は、「人生で稼ぐお金の大半をかけて家を建てるのだから」と自分のできる限りのものを家を新築時に建てます。そして建てた後は修繕する必要がない限り手を入れずに過ごす方が大変多いのです。ところがここにきて、経済・環境の両面より家に対する価値観が変わってきました。家を建てたら大事に手入れする、家の寿命を延ばし資産価値を維持する、ローン返済が終わってから長く住める、家の売却もできるというものです。

例えば米国の住宅寿命が長いのは、2×4工法が特別優れた工法で耐久性があるからではありません。家の住み替えが多く、土地や家の売買が盛んなので資産価値を高める努力を怠らないからだそうです。米国人は家の価値を下げないためにせっせっと作業をするというライフスタイルまであります。私の思いは皆様にDIYを推奨しているのでなく、新しい家の完成はゴールではなく、大切な家との付き合いの出発点して頂きたいのです。「我が家」なのですから。