タイトル

性能のモノサシ 自然光の利用

, …
性能のモノサシ 自然光の利用

住宅の性能を向上させる工夫として、太陽光(熱)を暮らしに生かすとさらに省エネで快適になります。夏は太陽の日差しをしっかりと遮り、逆に冬は日差しを取り込み陽だまりをつくる。冬に太陽の日差しが十分に入る部屋は暖房がなくても暖かく過ごせるます。また夏に家の中が暑くなるのは、太陽熱が窓からどんどんは入ってくるからなので、しっかりと遮れば暑さも随分変わります。太陽光をうまく利用するためには夏の日射遮蔽と冬の日射取得を考えた設計が重要です。きちんと設計するには隣接する建物の把握も必要になります。敷地、方位、隣接関係を考慮した設計です。

方位による窓の特徴として
東面窓 朝日が入り、夜の間に冷えた室内を暖める。朝食時に日射量が多く、ダイニングに最適
西面窓 午後は明るく,部屋の奥まで日差しが入る。 夏や西日除けの対策が必要
南面窓 1年中、明るく日差しが入る。冬の日射量は西・東向きの窓の2~3倍。夏は日差しが強く、遮光対策が必要。
北面窓 冬は直射光が得られず、結露対策が必要 明るさは1年中安定
天窓  夏の日射量が一番多い。北向きの天窓が有効。