タイトル

性能のモノサシ 気密性について

性能のモノサシ 気密性について

高気密高断熱と一言で語られるように断熱性を高くするだけでなく、同時に気密性も高かくしていかないと住宅の性能は充分に発揮されません。実は設計上の計算では隙間を「ゼロ」という仮定で計算しています。隙間ゼロと言えば、潜水艦のような性能で実際の住宅では隙間ゼロはありえません。実際の現場では少なからず漏気(ろうき)があり、気密性に注意していない現場は漏気量の把握もできずに断熱性能をいくら上げても設計の性能が充分に発揮されていません。だからこそ、私たちの家は気密性に注意した工事を行っています。

気密性を比較できる数値がC値です。1平方メートルあたりの隙間の大きさを表し、実際に測定しないとわかりません。数値が小さいほうが隙間が少なく、気密性能がいい家となります。省エネルギー基準に気密性能の規定はありませんが、このC値は断熱性を発揮する上でとても重要です。例えば漏気により熱が逃げる分を断熱でおぎなおうとすると、高性能なアルミサッシやガラスにするか断熱材を厚くする必要があります。

最近ではC値が0.5㎠/㎡以下が高気密の一つに基準となっています。気密性能は実際に測定しないとわからないので、私たちの作る家は、一棟づつ気密を図っています。気密測定は断熱工事が終わり、サッシを取り付けた状態で行います。もしC値が規準に届かないときは、原因を探り補修をかけることで、規準値のC値を確認します。これが私たちの性能へのこだわりです。