タイトル

性能のモノサシ 地震に強い家

性能のモノサシ 地震に強い家

 

 

家を建てる優先順位は安心・安全・健康・快適の順番だと思います。皆さんがご存じのように、日本は地震が多く甚大な被害も起きています。地震に強い家を建てるために、どのような家が地震のときに倒れやすくなるのでしょうか。ポイントは3つです。

一つ目は1階よりも2階の方が重い家です。例地震の揺れをえば、1階より2階がせり出していたり、重い屋根瓦が載っていると地震で建物が揺れたときに、2階部分が揺れてしまい、1階に大きな負担がかかり、1階部分が壊れて倒壊する危険があります。

二つ目は壁が少ない家です。木造の建物は地震の揺れを壁(耐力壁)の力で支えます。この壁が少ないと地震による揺れを支えきれなくなり、倒壊してしまいます。

三つ目は総合してですが、バランスが悪い家です。1階と2階のバランスが悪かったり、北側に壁がたくさんあるのに、南側は壁が少ないなどです。当然、南側には日当たりをよくするために窓が多くなってしまうのですが、地震に耐える強い家にするにはバランスを考えて、まんべんなく適切に壁を設ける必要があります。

 

 

 

 

地震に強い家をつくるうえで覚えておきたい言葉があります。「耐震」「制振」「免振」どれも地震に強い家をつくる技術です。名前を聞いたことはあるかとおもいますが、この三つの違いをちきんと理解している人はすくないのではないでしょうか。言葉に惑わされないで、正しい知識を持っていただくために、この違いと何が必要かを覚えておくと良いでしょう。

一番大切なのは「耐震」です。実はこの三つの中で法律で基準があるのは「耐震」だけです。耐震というのは読んで字の通り地震に耐えるようにすることです。先ほど説明した、壁の量やバランスは建築基準法で最低限の耐震基準が定められています。

「制振」は建物内部に地震の力を吸収する「制振装置」を取り付けた建物です。この制振装置で地震の力を吸収し、建物の揺れを抑えようとする技術です。

「免振」は地盤と建物の間の横揺れを吸収する免振装置を挟み地盤が揺れても、建物に揺れが伝わらないようにする技術です。ビルやマンションのような高層建築に使われています。戸建て住宅用もありますが、まだコストが高くて普及していません。「耐震」と「制振」の組み合わせで地震に強い家にしていくことが必要です。