タイトル

性能のモノサシは断熱性と気密性、温度差が少なく寒暖のストレスなし

性能のモノサシは断熱性と気密性、温度差が少なく寒暖のストレスなし

選ぶべき建物の性能のモノサシ、断熱性のQ値、UA値と気密性のC値がいいとどんなメリットがあるか説明しましょう。天井と床、部屋間の温度差が少なく寒暖のストレスがないので快適ということです。

この写真は熱画像で、温度を色で表しています。左側がQ値、UA値Q、C値がいい家、右側がQ値、UA値Q、C値がよくない家です。床と壁に隙間があり、床付近の温度がとても低いです。また、窓の断熱性能が低いので、窓のあたりから床に向けての温度が低いのがわかります。

冷たい空気は床付近にたまり、いくら暖房しても暖かい空気は冷たい空気に押され天井付近に溜まってしまうので、上下の温度差ができ、とても快適とは言えない状態になってしまいます。それに対し、Q値、UA値Q、C値が高い家は、上下の温度差ができにくく、とても快適な状態となります。

それだけではなく、Q値、UA値Q、C値がいいと、広いLDKや吹抜けを作ってもしっかり冷暖房がきく快適な空間となるので、よりオープンで、開放的な間取りを作ることができます。Q値、UA値Q、C値が悪い家で、このような間取りを作ってしまうと、冬とても寒い家になってしまうので、十分注意してください。