タイトル

断熱にSW工法を一押しするのは、均一で形が変わらないからなんです。

断熱にSW工法を一押しするのは、均一で形が変わらないからなんです。

高気密高断熱住宅の工法として生まれた、SW工法(スーパーウォール工法)を私が一押しするのは、SWパネルという断熱材の形が均一で、建物の中でずっと性能が変わらないことが理由です。
断熱材の断熱性を示す数値に熱抵抗値があります。断熱材の形とは厚さであり、 熱抵抗値=断熱材の厚さ÷熱伝導率』という計算から断熱材の厚さが大切なことがお分かりになると思います。現場で実際の断熱材の厚さが規定値より少ないことは、断熱欠損になり断熱計算値とズレが生まれて住み心地が変わることもありえます。
SWパネル製造工場で断熱材料の硬質発泡ウレタンが正確に充填され、製品検査を受け出荷されています。一般的な現場での断熱材充填は断熱材に均一さ、凹み、すき間、など不具合の危険があることを忘れてはいけません。