タイトル

アルテック ビーハイブはオーガニックな照明でした。

アルテック ビーハイブはオーガニックな照明でした。

フィンランドのヘルシンキでの北欧の住宅視察でアルレックの本店に行きました。アルレックはファニチャーブランドとして有名ですが、ここのペンダントライト、「ビーハイブ」がすてきです。「ビーハイブ」とはフィンランド語で蜂の巣の意味でフィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトがデザインを手がけました。素材はプラスチックと金属ですが、蜂の巣のカタチを造形した「ビーハイブ」はシックでモダンなのに、温かみをとても感じます。まさにオーガニック、自然なものとして感じる照明です。オーナー様宅のダイニングに「ぜひビーハイブで」と採用いただき、何度も何度もすぐ近くで見て、つくりのいい、飽きのこない、美しいデザインです。マリメッコのカーテンはアート!日常にちょっとした楽しさに続く
ヘルシンキのマリメッコ本店の照明にビーハイブがありました。
M-houseのダイニングにビーハイブを取付ました。