タイトル

【お金の話】いくらでできるの?一般的なリフォーム費用の相場

【お金の話】いくらでできるの?一般的なリフォーム費用の相場

トイレが古い、キッチンが狭い、耐震性が心配、外壁が劣化している。

リフォームを検討している方はどこから手を付けていいのか、迷っている方もいますよね。

いろいろやりたいけど、実際どこにどれくらいお金がかかるのかというのは、とても不安ですよね。

相談して断りづらいのも嫌だし・・・

という方、まずはここでおおよそどれくらいかかるのか、ざっくり想像してみましょう。

もちろん全ての工事の金額において、施工環境やお家の状態、使う商材によって費用が異なるという事は前提と致します。

 

設備系

設備とはトイレやキッチン、洗面などのことです。

これは商品によってかなり値段の幅があります。

年々新しい商品が出ているので値崩れの十分考えられます。

ここでは一般的にどれくらいかかるのか、参考までに書いてみます。

トイレ

価格:10万円~

既存のレイアウトで配管を変えずに本体を交換することを想定した価格です。

同時に床や壁の内装を変える場合はプラスして4万円~ほどかかります。

さらにバリヤフリー対策として出入り口をフラットにしたり手すりを付けると+数万円かかると考えられます。

また、最近流行のタンクレスのトイレを選ぶと本体代がやや上がります。

 

キッチン

価格:60万円~

こちらもレイアウトをほぼ変えず、配管の位置も変える必要がない想定での金額です。

間口255cmのI型システムキッチンの取り付け工事費までのおおよその予算です。

レンジフードの交換は別途10万円、カップボードなどの背面収納の設置には+30万円程が相場でしょうか。

 

洗面

価格:10万円~

洗面ボウルとカウンターが一体化した洗面化粧台に交換する場合です。

本体は間口一般的な75cmタイプで10万円台からと考えて良いでしょう。

オプションとして収納キャビネットなど加えると当然その分はプラスされます。

 

浴室

価格:80万円~

古い浴室を解体して、新たにシステムバスに交換する場合です。

浴室のサイズやグレードによっても価格の差は大きいでしょう。

ユニットバスを入れるとなると、大工工事、電気工事、水道工事、設備組立工事と、思った以上に工数のかかる工事なのがこのバスリフォームです。

 

 

断熱性向上

家が寒い、冷房効率が悪いなど外気によって家の中の温度がかなり影響されてしまうという悩みを持つ方が多いです。

そのためには断熱性を上げることが必要です。

どのような方法があるのでしょうか。

 

サッシ交換

価格:10万円~

一般的な掃き出し窓(180×200cm)を交換する場合です。

1箇所につきおおよそこれくらいかかります。

プラスしてかかる費用として考えられることはサッシ交換に伴い発生する外壁工事が別途必要になってくる可能性があります。

 

内窓の取り付け

価格:8万円~

一般的な掃き出し窓(180×200cm)の室内側に内窓を設置する方法です。

人気なのはインプラスです。インプラスになると予算もやや変わってきます。

サッシ交換によって断熱性を上げるよりも費用は抑えられますし、断熱性の向上としてはかなり有効な手段です。

 

断熱材充塡

価格:50万円~

床面積が約120㎡の木造住宅で想定してみましょう。

天井、床、壁にグラスウールを充填し、間仕切り壁の上部に気流止めを行うという一般的な工事での材料費、工事費で約55万円といったところです。

ちなみにこれには内装下地の撤去や復旧工事含まれていません。

 

耐震性向上

価格:240万円~

自宅の老朽化が気になる方は小さな地震でも起こるたびに大震災が来たら・・・と心配になりますよね。

耐震工事はイメージ的にも高額でそればかりが頭に入り、工法や耐震とはというところが具体的に入っていない方が多いのも現状です。

これは耐震改修前の評価が0.5でそれを1.0にあげる時にかかる工事費用の目安です。

延べ床面積を120㎡として概算しています。

評価を1.0に向上させるのに1㎡あたり4万円が相場になります。

 

外壁工事

外壁や屋根の劣化が目に見えてわかる時はすでにリフォームが必要な状態です。

見た目はもちろん、放置すると家本体の劣化を早めますので注意が必要です。

比較的優先順位としては高いと考えてもよいと思います。

 

屋根

価格:葺き替え 100万円~ 塗り替え 60万円~

塗り替えとは屋根材の汚れを洗浄して、錆止め処理をし再塗装する費用です。

葺き替えは古い屋根材を撤去し、下地工事をし直して、新しい屋根材を葺く費用になります。

 

外壁

価格:張り替え 200万円~ 塗り替え 75万円~

外壁工事には外壁のダメージを補修して塗り替える方法と、古い壁をかがして下地工事をし直し、新しい壁材を張る方法があります。

また、このほかにも古い壁材の上から新しい壁材を張るカバー工法という工法もあります。

 

一般的にこれくらいという目安があるとリフォームの計画も一歩進みます。

適正価格や必要性など考えながら良いリフォームをするのに予算は大切な検討事項です。

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

株式会社 鳳工務店
一級建築士事務所
・TRETTIO販売施工代理店
・FFC免疫住宅加盟代理店

静岡県静岡市清水区大手1-7-9
054-366-2863

お問合せはこちら