タイトル

鉄骨住宅の基礎知識

鉄骨住宅の基礎知識

本日は鉄骨住宅についてまとめていきます。

関連記事:木場住宅についての基礎知識

鉄骨住宅とは

鉄骨構造はsteel(鋼鉄)からS造とも言われます。骨組みに鉄骨を使った住宅のことをいいます。鉄骨住宅といってもいろいろなんです。鉄骨住宅には軽量鉄骨と重量鉄骨があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。また、木造と同じように工法も様々です。

さて、それでは鉄骨住宅について少し掘り下げて見ていきましょう。

軽量鉄骨造とは

軽量鉄骨造とは、使用する鋼材の厚さが6mm未満のもので作られた住宅を言います。軽量鉄骨造を検討されている方でお勧めの条件は、地盤に大きな問題がなく、間口が狭くても大丈夫なところです。地盤が固くて耐力性がある場合は重量鉄骨もできます。

メリット

■価格

軽量鉄骨と重量鉄骨を比べた場合のメリットとして価格の差がでてきます。鉄骨の厚さが薄いので材料費は抑えられます。また、比較的軽いので、地盤工事が必要になった場合の費用も抑えられます。

■耐震性

軽量鉄骨造の耐震性は、木造住宅以上、重量鉄骨造以下と考えてもらえれば良いと思います。鉄骨が折れにくいため、耐震性は高いと言えますし、完全に倒壊してしまう危険は少ないと言えます。

デメリット

■自由度

柱のない広い空間を作ることが難しいので、レイアウトはやや限られることがあります。先に述べたように逆に間口が狭い狭小住宅には軽量鉄骨でも十分に適応できると言えます。

■防音性

これは防音、遮音材を入れれば解消することですが、音が漏れやすいということはあるようです。しかし、建物自体が軽いので振動が伝わりやすいのは解消が難しい問題の一つです。

 

重量鉄骨造とは

重量鉄骨造とは、使用する鋼材の厚さが6mm以上のもので作られた住宅を言います。鉄骨住宅を検討されている方でお勧めの条件は、地盤に十分な耐力性があり、広い空間がほしい方です。

メリット

■自由度

柱の間隔をより広くとることができます。そのため、大空間と呼ばれるような広いリビングが欲しい方などにはおすすめと言えます。

■耐震性

鉄骨に厚みがあることから軽量鉄骨に比べてもより大きな強度があります。また、筋交い不要のラーメン構造が可能なため頑丈な家ができます。

デメリット

■価格

鉄骨の厚さがあり、その分、材料費もかさみます。また、地盤工事が必要になった場合、重たい構造になるため、よりしっかりとした地盤改良が必要になります。そこでもコストが若干変わってくるでしょう。

■断熱性

鉄は木材に比べ熱伝導率が350倍です。よく言われますが、鉄骨は寒いというのはそうゆうことです。現在は外断熱、内断熱など断熱の対策の仕方はたくさんありますので、これについてもしっかりと調べて検討するべきでしょう。

 

■鉄骨住宅の工期は?

鉄骨造の家はほとんどが工場で部材を作っています。軽量、重量問わず工期はおおよそ4カ月といったところでしょう。実際に現場での作業よりも工場で建てる準備をすることに時間がかかるのです。

 

失敗しないための住宅選びのポイントは、情報収集して最低限の知識を得ておくことです。鉄骨住宅が自分に合っているのか。また、軽量鉄骨が良いのか重量鉄骨が良いのか、いろんな視点から検討し、良い選択をしていけるようにしましょう。