タイトル

3階建てを考えているあなたへ『狭小地』を有効活用した生活の提案

3階建てを考えているあなたへ『狭小地』を有効活用した生活の提案

狭小地は都心部に多く見られると思われていましたが、現在30坪以下といった土地は数多く出回っています。小さな土地や特殊な形をしている土地でも快適なマイホームを実現させるためには、大切なポイントはなんといっても空間設計です。ここでは開放的な空間づくりのためのポイントについてご提案していきたいと思います。

狭小地に適した3階建て住宅とは

現代社会ので家を建てるには狭小地になるのは避けられない現実でもあります。狭小地でも3階建てや多層階住宅にすればゆとりのある開放的な空間を演出することができます。まず、単純に階を増やせば床面積も増えるということが第一です。3階建てにすることで、敷地を最大限有効活用することができます。建ぺい率などの制限をクリアできれば、当たり前ですが2階建てより3階建ての方が広いスペースを確保できますし、便利に使いやすくなりますよね。また、おすすめはフロアごとに目的を持たせることです。それによって空間の有効活用ができます。
具体的にどういうことがというと、狭小地では1フロアあたりがどうしても狭くなってしまいます。そのため1階は自分たちの寝室やクローゼット、2階はキッチンやダイニングなどの家族がくつろげる共有スペースに、3階は子供部屋など、フロアを分けて考えると空間を有効活用できるというわけです。さらに狭小地に3階建て住宅を建てるメリットとして、窓から入ってくる太陽光があります。自分の家が狭小地ということは、周りも狭小地の可能性が高いです。住宅密集地では、日当たりがあまりよくない可能性も大いにあります。3階建てにすることにより、懸念されていた太陽光をより効果的に取り入れることが可能になるのです。 風通しや日光の入り具合によって空間づくりを十分考慮し、天窓やバルコニーの位置などなどを検討していくとよいでしょう。

狭小地を有効活用する空間づくりの実例提案

 

吹き抜け

一般の住宅でも吹き抜けを目にすることはよくありますよね。吹き抜けには、上と下の階を連続させたスペースを作るという意味で、開放的な空間を演出できるというメリットがあります。開放的な空間になるとどのようなメリットがあると思いますか。まずは、狭小地でも光と取り込める明るい空間を確保できます。どうしても狭小地で住宅密集地となれば1階部分に光を取り込むことがむずかしくなる場合があります。そういった意味では、吹き抜けを活用した空間作りもよいのではないでしょうか。

吹き抜けは空気や光を有効に取り込むことができるほか、上からの圧迫を感じさせないので、空間を広く明るく見せるというメリットもあります。特にリビングやダイニングなど家族団らんをする場所やお客様を招く場所では明るく広々とした空間を確保したいという願いを持った方も多いのではないでしょうか。吹き抜けは使い方次第で、明るい自然光を取り込むだけでなく、夜は星空を眺めながらといったロマンチックな楽しみ方もできる多様性も備えています。当然床面積の問題もありますから、らせん階段などを利用することでゆとりある空間を演出するのも1つの手段だと思います。

 

吹き抜けの注意点

吹き抜けを利用する場合、確認しておかなくてはいけない点がいくつかあります。

まずは空調です。空間の暖かい空気は上に昇っていき、冷たい空気は下にいく性質があります。吹き抜けを利用している住宅では下の階が温まりにくいという特性があります。そのため、シーリングファンや空調機などの設備を予め取り付け、空調が調整できるようにしておくことが良いでしょう。特に冬は、ゆとりがあり開放的な空間を演出できても、生活していて寒いとなれば本末転倒です。また、その際に吹き抜けに取り付けたシーリングファンや照明器具、梁、場合によってはキャットウォークなど、メンテナンスや掃除をどのようにするのかは事前に考えて場所や者を選ぶようにしましょう。大きな手間がかかってしまう可能性があります。その都度、業者に依頼となればコストもばかになりません。建築業者に照明器具の交換などはどのような対応になるのか、交渉してみるのもよいでしょう。

 

屋上庭園

屋上庭園とは、住宅の屋上に植物を植えて、緑化することです。土地の広さに関係なく、“自分たちの庭”を持つことができます。
そこで屋上の出番。このスペースならば、土地の余裕とは関係なく庭を手に入れることができます。もちろん狭小地の住宅でも屋上庭園を作ることができます。屋根をフラットにしてそれに耐えられる工事をきちんとしておけば、屋上庭園として十分利用することが可能です。屋上庭園ではガーデニングや芝生スペースとして楽しんだり、プランターで家庭菜園を楽しんだりもできますし、お子様が小さい頃はそこを遊び場としてプールや軽いボール遊びをするのにも安心、安全ですよね。屋上庭園は、家に自然のある空間を作ることでリラックス効果を上げることもできます。また、少し広めにとれる方は、ウッドデッキを設置することもでき、友人を招いて屋外でのバーベキューをしたり、お子様を遊ばせながらママたちのティータイムという優雅な楽しみ方もできます。夜は花火や夜空の星を眺めることもでき、楽しみ方は無限にありますね。

 

屋上庭園の注意点

屋上庭園を検討する際に最も重要なことは、防水処理です。他の箇所の防水処理に比べ、屋上庭園の防水加工は工事の都合上、割高になってしまうこともあります。万が一、屋上から漏水してしまったら、家全体に被害が及ぶ可能性もあるので、補償等も含め、十分に注意して検討しましょう。

 

スキップフロア

スキップフロアは、1つの空間に高さをずらして空間を作る建築手法です。部屋を壁で区切らずにゆるやかな斜め上の目線に上の空間が広がるので、高さが違っても一つの部屋にいるような空間を作り出してくれます。冒頭でも述べましたが狭小地でのフロアごとの使い方をわけるという考え方で3階建てを3つのフロアに分けました。このスキップフロアを使えば、その空間のバリエーションを増やすことができます。吹き抜け状態のようになる部分があることから、天井に高さを持たせ、視覚的にも広さを感じることができますし、キッチンからリビング、リビングからテラスへなど、開放感を演出する空間づくりができるのも魅力です。スキップフロアによって出来た段差は、広い収納スペースとして利用することもでき、狭小地に家を建てる方にとってはうれしいスペースになりますね。

スキップフロアの注意点
スキップフロアを導入した住宅は、通常の住宅に比べると、やや費用が割高になるかも可能性があります。お分かりとは思いますが、複雑な空間になり、施工も一般的な形ではありません。また、スキップフロアを施工できないという建築会社もありますので、スキップフロアを検討される方は事前に確認が必要です。特にスキップフロアの設計に慣れている会社を選ぶほうがより安心でしょう。また、スキップフロアは壁で区切られない空間が生まれます。熱が逃げないための空調設備を工夫しておく必要もあります。スキップフロアを利用した住宅では、一般的な3階建て住宅よりも床面積が広く算定される場合があります。すると、床面積に応じた固定資産税も高くなってしまうので、床面積も考慮して検討していきましょう。

狭小地を活用するための耐震設計

3階建て住宅を検討し狭小地を有効活用しようと考えた場合、また、家を建てる時には誰もがそうなのですが、家の耐震構造が重要です。地震の揺れは、上の階に行けば行くほど大きくなり、その揺れと荷重によって1階から倒壊するというケースが、過去の地震から見ると多く見られています。3階建て住宅は家そのものが重くなり、下層階にかかる重さが増します。より耐震構造について注意しておく必要があります。先ほどご提案した、吹き抜け、屋上庭園、スキップフロアについても、耐震構造とは関係がないわけではありません。大切な家族と開放的でゆとりのある空間で暮らす住まいを目指すのであれば、しっかりとした耐震構造は重要な検討事項になってくるでしょう。

▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

株式会社 鳳工務店
一級建築士事務所
・TRETTIO販売施工代理店
・FFC免疫住宅加盟代理店

静岡県静岡市清水区大手1-7-9
054-366-2863

お問合せはこちら