タイトル

TRETTIO SW 北欧デザイン視察2 アアルトハウス

TRETTIO SW 北欧デザイン視察2 アアルトハウス

こんにちは、鳳工務店の齊藤です。巨匠アルヴァ アアルトはフィンランドが生んだ建築家として有名です。建築家だけでなく曲木を使ったイス、照明器具などデザイナーとしても手腕を発揮しました。ヘルシンキ中央駅から北へ数キロの所に、アアルトハウスと呼ばれる自邸があり見学しました。アアルトハウスはこれも有名なデザイナーである奥さんのアイノ アアルトと共に1936年に設計して、40年間暮らした住まい兼アトリエでした。

北面接道である玄関はこげ茶の木板と白く塗ったレンガで、窓が少なくプライベート性を重視した外観となっていました。まさにシンプル、外に閉じた外観は名建築と言われる建物でよく見かけますが、自然と周りの環境に溶け込んでいるところは、さすがにアアルトと感心しました。

家に入ると中庭の明るい光がくまなくリビングにそそいでおり、とても居心地のいいこじんまりとしたお部屋でした。インテリアはすべてアアルト夫妻のデザインで、ゼブラ柄のファブリックはアイノ アアルトが好きだったそうです。アルテックのペンダントライトもピッタリ!

ガイドさんからくわしい日本語の説明をお聞きしながら、くまなくアアルトハウスを見学することが出来ました。吹き抜けのアトリエは日照の少ない北欧で太陽光をしっかり取り入れるためと仕事に集中するために高窓となったそうです。

中庭から住まいの大きな窓が見えます。見学時期は晩秋の最後だったらしく、紅葉もありましたが、2週間後はヘルシンキは雪景色だったそうです。
アアルトハウスを見学して体感できたことは、玄関のプライベート性とリビングの解放感が暮らし良さ、居心地の良さを創りだしていること。これはTRETTIOで感じていたことなので、確かな設計、つながりを感じました。